ホーム
カート
ユーザー
車海老商品を見る
◎ 商品カテゴリー
◎ 商品特集
車海老の豆知識
車海老 よくある質問
 
 

活き車海老について

 
+

活き車海老はオガクズ箱で送られます。オガクズが散らばらないようにビニール袋やトングなどを用意してください。箱を開けてから中身をビニール袋に入れ、海老だけを取り出すと後片付けも簡単に済みます。

+

1. 海老を裏返しに持ち、親指と人差し指で頭の付け根をつぶすようにはさみます。

2. ゆっくりねじるように引っ張ると背ワタが一緒に取れます。

3. 殻をむく。背中の殻は、足をとった腹側から、くるりと剥がすようにむきます。

+

10℃〜15℃で静かに保存すれば、2〜3日活きていますが、日を追うごとに数尾ずつやはり死んでいきますので、当日中に食べきれない場合はオガクズをきれいに洗い落として、ラップやジッパーバッグ等で冷凍保存してください。 冷凍保存した 場合、必ず加熱調理をしてください。

+

冷蔵庫で保管する場合、冷えすぎて海老が死んでしまいます。冷暗な場所に保管してご到着日にお召し上がりください。当日に食べきれなかった場合は海老を冷凍保存してください。 また冷凍保存したものは必ず加熱調理してお召し上がり頂きますようお願い致します。

+

海老を水で洗って頂き、1匹づつサランラップ等で包んで急速冷凍の工夫をお願い致します。
※水に浸して冷凍すると、海老が凍るのに時間を要しますので、冷凍する過程で鮮度が落ちてしまいます。
ご自宅で冷凍された場合、解凍後は必ず加熱調理をしてください。

+

氷水に入れて冷やすと大人しくなります。



冷凍車海老について

 
+

1.開封して頂き、温水又は常温水を海老に直接あてて急速解凍して下さい。
※冷蔵庫や常温による自然解凍は、商品の鮮度劣化に繋がりますので避けて下さい。

2.解凍が完了しましたら、速やかに加熱調理して下さい。

3.解凍後、調理までの待機時間がある場合は、海老を冷塩水に浸して頂き、空気に触れさせない工夫をお願い致します。
※海老を浸すのは淡水でも良いのですが、極力海水に近い塩度(4%)が理想です。淡水に浸したままにすると、浸透圧で海老の旨みが流れ出てしまいますのでご注意下さい。また、冷塩水に浸していても、長時間置されますと、赤く変色(腐敗)して参りますので、極力早めに調理下さい。

4.解凍後の再冷凍はお勧め致しません。極力使いきって下さい。




その他

 
+

塩焼き、天ぷらなどはもちろん、新鮮な活き車えびは、お刺身でも美味しく召し上がる事が出来ます。



えびレシピ
+

もちろんできます。発注の際に、のしの指定をしてください。発送先はお間違えのないようご記入ください。

+

1年間のサイクルで、秋〜冬にかけて出荷します。出荷後の養殖池は全て掃除して、また一から車えびを育てます。詳しくは種苗生産から出荷までのページをご覧ください。

+

活き車えびの発送は冬で終了してしまうため、春〜夏の時期は購入できません。生食用凍結車えびや加熱用冷凍車えびをご利用ください。

+
殻に含まれているアスタキサンチンという色素が海老を茹でると鮮やかな赤色にさせます。これはタンパク質と結合しているときは青っぽい茶色をしていますが、加熱をしてタンパク質と分離すると本来の赤い色になります。